back to catalog

listen and download tracks, bonus track or the album HERE

buy the cd HERE

 

CARL STONE

Al-Noor

Int Tone Music CD10

Electro-Acoustic Music
by Carl Stone

TRACK LISTING

1. Al-Noor
2. Flint’s
3. Jitlada
4. L ‘Os `a Moelle

5. download-only bonus track: Dino's

Al-Noor contains Carl Stone’s newest explorations into the dismantling and re-composition of global song and melody, and their realtionships to other
resonant rhythmic and harmonic phonemes. Stone’s computer technology brings forth the transformation of beats, measures and sonic landscape into phase-shifted liquid journeys and sonic monuments. From solitude to shred, sounds gradually shift forth creating new scenes of distant mystery. Movement births stillness. Order becoming anarchy becomes paradise. Other-dimensional voices beat within a new world of texture and space. This is that. Here is there. Those become these. This CD of 4 new compositions represents Stone at one of his most creative periods of his career. Carl continues to use the direction he has pioneered here in his current compositions.

All the music was made using Max/MSP software from Cycling74. Flint's is taken from a live recording made at the San Francisco Electronic Music Festival, 2000. L'Os à Moelle was recorded live at the Apple Store Ginza, Tokyo. All other tracks recorded and mixed at Nakano Studios, Tokyo and Tower 39, Los Angeles.

Included are links to a internet-only bonus track, available at all digital outlets.

Carl Stone is one of the pioneers of live computer music, and has been hailed by the Village Voice as "the king of sampling." and "one of the best composers living in (the USA) today." He has used computers in live performance since 1986. Stone was born in Los Angeles and now divides his time between California and Japan. He studied composition atz the California Institute of the Arts with Morton Subotnick and James Tenney and has composed electro-acoustic music almost exclusively since 1972. His works have been performed in the U.S., Canada, Europe, Asia, Australia, South America and the Near East. In addition to his schedule of performance, composition and touring, he is on the faculty of the Information Media Department at Chukyo University in Japan.

A winner of numerous awards for his compositions, including the Freeman Award for the work Hop Ken, Carl Stone is also the recipient of grants from the National Endowment for the Arts, the Rockefeller Foundation and the Foundation for Performance Arts. In 1984 he was commissioned to compose a new work premiered as part of the Olympic Arts Festival in Los Angeles. His music was selected by the dancer/choreographer Bill T. Jones for the production 1-2-3. In that same year. In 1989 he resided for 6 months in Japan under a grant from the Asian Cultural Council and in that same year, The Museum of Contemporary Art, Los Angeles commissioned a new work, Thonburi as part of the radio series "Territory of Art". In 1990 he was commissioned to create music for a 60-minute program for ZDF Television in West Germany entitled Made in Hollywood. In 1991 he received separate commissions from Michiko Akao (She Gol Jib, for traditional Japanese flute and electronics), Sumire Yoshihara (for percussionist and electronics) and Sony PCL (Recurring Cosmos, for High Definition video and electronics), which was awarded special honors at the International Electric Cinema Festival in Switzerland in 1991. In 1993, he was commissioned by the Paul Dresher Ensemble to create a new work, Ruen Pair, with funds from the Meet the Composer/Reader's Digest Commissioning Program. In 1994 he was commissioned by the Strings Plus Festival, Kobe to create Mae Ploy, for string quartet and electronics. In that same year he also created Banh Mi So, for ondes martenot and piano, at the request of Takashi Harada and Aki Takahashi. In 1995, he was commissioned by NTT/Japan to create a new work for the internet, Yam Vun Sen, as part of IC95. In 1996, with support from the Rockefeller Foundation, he created music for The Noh Project, a collaboration with choreographer June Watanabe and Noh master Anshin Uchida. In 1997 he was commissioned by Bay Area Pianists and Cal Performances to create a new work, Sa Rit Gol, for disklavier and pianist, as part of the Henry Cowell Centennial Celebration at UC Berkeley. Other festival performances in 1997 included Other Minds (San Francisco) and TonArt (Bern). In 1999 he was invited as Scholar-in-Residence at the Rockefeller Foundation Bellagio Study and Conference Center. In 2001 he served as Artist-in-Residence at the International Academy of Media Arts and Sciences (IAMAS) in Japan, and in that same year he joined the faculty of Chukyo University's School of Cognitive and Computer Sciences.

Carl Stone's music has been used by numerous theater directors and choreographers including Hiroshi Koike (Pappa Tarahumara), Akira Kasai, Bill T. Jones, Setsuko Yamada, Ping Chong, June Watanabe, Kuniko Kisanuki, Rudy Perez, Hae Kyung Lee, and Blondell Cummings. Musical collaborations include those with Yuji Takahashi, Kazue Sawai, Aki Takahashi, Sarah Cahill, Haco, Dorit Cypis, Samm Bennett, Kazuhisa Uchihashi, Michiko Akao, Stelarc, z'ev, Bruce and Norman Yonemoto, Tosha Meisho, Otomo Yoshihide, Kathleen Rogers, Min Xiao-Fen and Mineko Grimmer.
Carl Stone served as President of the American Music Center from 1992-95. He was the Director of Meet the Composer/California from 1981-1997, and Music Director of KPFK-fm in Los Angeles from 1978-1981. He hosted a weekly program on KPFA-fm in the Bay Area from 1994 to 2001.. Other activities have included serving as a regular columnist for Sound & Recording Magazine in Japan, serving as web editor for Other Minds, a world wide web site devoted to New Music, and for the official web site of the John Cage Trust. In 2007 he began contributing a regular column to the American Musix Center’s New Music Box website.

Recordings of Carl Stone's music has been released on New Albion, CBS Sony, Toshiba-EMI, EAM Discs, Wizard Records, Trigram, t:me recordings, New Tone labels and various other labels.

EXECUTIVE PRODUCER-Rick Frystak

"...enticing and head-twisting." -JOSEF WOODARD/Santa Barbara Independent

"... tentative descriptions of particles and snippets that define a classic destabilizing jewel. Not to be missed." -TOUCHING HOME/Spazioinwind.ilberto.it

"... 21st century Carnatic music glimpsed through a purple haze." -DARREN BERGSTEN/Squidco

"... makes for a remarkable hour with the celebratory and the ephemeral captured in mysterious splendor." -DAVID GREENBERGERr/Signal To Noise Magazine

"... at once rigorous and playful." -The WIRE MAGAZINE

"... If you are into experimental electronica, you should definitely pick this up." -CHAWECH/Heathen Harvest

"... This release, even for Stone, is impressively diverse, fun, and interesting." -GIVE ME TAKE YOU-TM Best of 2007

"...Great music. Expertly crafted. Extremely entertaining. I can think of nothing else like it." -JAY BATZNER/CD Review

アルNoorさんは、他へのrealtionships、グローバルな歌とメロディの解体再構成にカールストーンの最新の探査が含まれています 
共振リズムと高調波音素。石のコンピュータ技術が記載相液体の旅と音の記念碑をシフトにビート、対策やソニック風景の変化をもたらします。細断処理す​​る孤独から、徐々に記載遠い謎の新しいシーンを作成するシフトですね。運動生の静止。オンラインでは、無政府状態になるの楽園になります。他の次元の声は、テクスチャと空間の新たな世界の中で破った。これは、ということです。ここではありません。これらは、これらになります。 4つの新しい組成物のこのCDには、彼のキャリアの彼の最も創造的な期間の一つの石を表しています。驚くべきインターネットのみボーナストラックへのリンクが含まれています。 

全ての音楽はCycling74からMax / MSPのソフトウェアを使用して行われました。フリントのは、サンフランシスコの電子音楽祭、2000年で行われたライブレコーディングから取得されます。て、L' Oのà Moelleは、アップルストア銀座、東京でのライブを​​記録した。他のすべてのトラックを記録し、混合中野スタジオ、東京、タワー39、ロサンゼルスで。 

カールストーンは、ライブコンピュータ音楽の先駆者の1つであり、『ビレッジボイス』で賞賛されている"サンプリングの王"。と"(米国)は、本日に住んでいる最高の作曲家の一人。"彼は1986年以来、ライブパフォーマンスでコンピューターを使用しています。ストーンは、ロサンゼルスで生まれ、現在はカリフォルニア州と日本の間に自分の時間を分割します。彼は、組成ATZでのモースボトニック、ジェームズテニーとカリフォルニア芸術大学研究ほぼ独占的に1972年以来のエレクトロアコースティック音楽を作曲している。彼の作品は、米国、カナダ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、南米、中近東で行われている。パフォーマンス、作曲、ツアーの彼のスケジュールに加えて、彼は日本で中京大学で情報メディア学科の教員を利用しています。 

仕事ホップして、Kenのためのフリーマン賞を含め、彼の作品の数々の賞​​の勝者は、カールストーンは、全米芸術基金、ロックフェラー財団とパフォーマンスアートのための財団からの助成金の受賞者です。 1984年に彼は新しい仕事は、ロサンゼルスオリンピック芸術祭の一環として、初演作成するために依頼された。彼の音楽は、生産1-2-3のダンサー/振付家ビルT ·ジョーンズによって選択されまし​​た。同年。1989年にはアジアンカルチュラルカウンシルからの助成金の下に、その同じ年に日本で6ヶ月間住んで、現代美術館、ロサンゼルスのラジオシリーズ"アートのテリトリー"の一環として、新しい仕事をトンブリー就役した。 1990年に彼はハリウッドで作ら権利西ドイツは、ZDFテレビのために60分番組のための音楽を作成するために依頼された。 1991年に彼が(日本の伝統的なフルートとエレクトロニクスのための、彼女のGolジブ)美智子赤尾とは別の手数料を受け、(パーカッションやエレクトロニクス)吉原すみれとソニーPCL(高精細ビデオ、およびエレクトロニクスのための定期的なコスモス)は、特別な栄誉を授与された1991年にスイスの国際電気シネマ映画祭で。 1993年、彼は作曲家は、/ Readerは、'ダイジェスト試運転プログラムを満足してからの資金で新しい仕事を、ルアンペアの作成、ポールドレシャーアンサンブル委嘱された。 1994年に彼は弦楽四重奏とエレクトロニクスのためのメイ遠征を作成し、文字列を加えた祭、神戸から委託された。その同じ年に彼はまた、原田と高橋アキの要請でゾンドのマルトとピアノのためのだからベトナム人Miを、作成しました。 1995年、彼はIC95の一環として、インターネット、ヤムVunセンは、新しい仕事を作成するには株式会社NTT /日本委嘱された。 1996年、ロックフェラー財団の支援を得て、彼は能プロジェクト、振付師June渡辺能マスターあんしん内田とのコラボレーションのための音楽を作成しました。 1997年、彼はカリフォルニア大学バークレー校のヘンリーCowellセンテニアルセレブレーションの一環として、ディスクラビアとピアニストのための新しい仕事を、土リットゴルの作成、ベイエリアのピアニストとCal公演委嘱された。 1997年に他の映画祭の公演は他の心を(サンフランシスコ)とTonArt(ベルン)含まれています。 1999年に彼はロックフェラー財団ベラジオ検討会議センター客員インレジデンスとして招かれました。 2001年に彼は、メディアアート、日本の科学(IAMASの)の国際的なアカデミーのアーティストインレジデンスを務め、同年に彼は認知とコンピュータ科学の中京大学の学校の教員に参加しました。 

カールストーンの音楽は、多くの劇場、取締役及び振付小池博史(パパタラフマラ)、笠井叡、ビルT ·ジョーンズ、セツコ山田は、Pingチョン年6月渡辺邦子木佐貫、ルディペレス、海景リー、ブロンデルカミングスなどで使用されています。音楽のコラボレーションは高橋悠治、一恵沢井、高橋アキ、サラCahillさん、ハコ、Dorit Cypis、サムベネット、内橋和久、美智子赤尾、ステラーク、z'ev、ブルース、ノーマン米本、トシャ名所、大友良英、キャスリーンロジャースとのそれらを含むミンシャオフェンと美根子グリマー。 
カールストーンは1992年から1995年からアメリカの音楽センターの社長を務めていました。彼は1978年から1981年からロサンゼルスでKPFK - FMの1981年から1997年から作曲家/カリフォルニア出会いのディレクター、音楽監督だった。彼は2001年から1994年からベイエリアでKPFA - FMで毎週プログラムをホストされています。..その他の活動は、他の心のためのWebエディタは、新しい音楽に専念World Wide Webサイトとして、ジョンケージトラストの公式のWebサイトの提供し、日本のサウンド&レコーディングマガジンのための正規のコラムニストとして含まれている。 2007年に彼はアメリカMusixセンターのニューミュージックボックスのWebサイトに定期的にコラムを貢献し始めた。 

私の録音、Newトーンのラベルと他の様々なラベル:カールストーンの音楽の録音はニューアルビオン、CBSソニー、東芝EMI、EA変調ディスク、ウィザードのレコード、卦、tでリリースされています。 

エグゼクティブプロデューサー、リックRick Frystak